ヘッダーイメージ
店舗カラーサイン
トップ » 企業情報 » 沿革

沿革

1979年 8月 株式会社富士スーパー(現:富士シティオ株式会社)のコンビニエンス事業部としてスタート
11月 直営1号店(栗木店)を横浜市磯子区に開店
1981年 2月 コンビニエンスストアの経営並びにフランチャイズ店の経営指導を目的として横浜市港南区に株式会社スリーエフを設立
1982年 4月 フランチャイズ1号店(野毛店)を横浜市中区に開店
1月 スリーエフCI導入(社章、ロゴマーク)
1988年 3月 POS(販売時点情報管理システム)実験開始
1989年 6月 100店舗達成
11月 本店を横浜市中区日本大通17番地に移転
1991年 8月 EOB(電子発注システム)導入
1992年 6月 200店舗達成
1994年 2月 300店舗達成
1995年 8月 400店舗達成
1997年 7月 日本証券業協会に株式を店頭登録
1998年 2月 500店舗達成
2000年 7月 東京証券取引所市場第二部に株式を上場
10月 スリーエフ・オンライン株式会社(連結子会社)を設立
2001年 2月 600店舗達成
3月 株式会社サニーマートと四国4県におけるエリア・フランチャイズ契約を締結
2015年 2月 株式会社スリーエフ中四国との四国地区エリア・フランチャイズ契約を終了
2016年 4月 株式会社ローソンとの資本業務提携契約締結
9月 株式会社エル・ティーエフを設立、千葉県・埼玉県に「ローソン・スリーエフ」をオープン
2017年 6月 株式会社L・TF・PJ(連結子会社)を設立
8月 東京都・神奈川県に「ローソン・スリーエフ」をオープン
2018年 1月 「ローソン・スリーエフ」ブランドへの転換に伴い「スリーエフ」ブランドでの店舗運営を終了
2月 株式会社エル・ティーエフ(存続会社)と株式会社L・TF・PJ(消滅会社)を合併
サイトマップ