02月の月間イメージ
店舗カラーサイン
トップ » 社会貢献活動 » 社会貢献活動

社会貢献活動

スリーエフは、将来にわたり、地域社会に歓迎される『良い企業市民』でありつづけたいと思います。

社会貢献活動は大きく分け、

店舗や本部の周辺に生活する人たちのための活動
店舗や本部を利用する人達のための活動
外部の団体・個人の有意義な活動を支援協力する活動
地球環境など公益的な活動

以上の4つ活動がある、と言われています。
この中で、現在及び今までに取り組んできたいくつかの活動を、ご紹介致しましょう。

店舗や本部の周辺に生活する人たちのための活動

「ちびっ子健康マラソン大会」の協賛

スリーエフでは、ヱスビー食品株式会社様が次代を担う子供達が心身ともに元気で育って欲しいとの願いを込め、1984年にスタートした小学生を対象とした「ちびっ子健康マラソン大会」の神奈川大会に協賛しています。

<大会概要>

大会名称第28回 富士シティオ・スリーエフ・ヱスビー杯ちびっ子健康マラソン大会
開催日時2014年11月23日(祝・日)
午前9時~午後2時
会  場ShonanBMWスタジアム平塚(旧名平塚競技場)
平塚市大原1番1号
主  催(株)スリーエフ、富士シティオ(株)、ヱスビー食品(株)
協  賛大塚製薬(株)
後  援神奈川県陸上競技協会、加藤産業(株)

第28回 富士シティオ・スリーエフ・ヱスビー杯ちびっ子健康マラソン大会 大会結果はこちら

店舗や本部を利用する人達のための活動

安心してお買い物をしていただける店づくり

スリーエフでは、障害をお持ちのお客様にも安心してお買い物をしていただける店づくりの一環として、「補助犬同伴可」のステッカーを店舗入口に貼り、盲導犬を連れたお客様が気兼ねなくお店をご利用頂けるようにいたしました。
また、店舗スタッフもお客様にお声をかけ、ご希望の商品の前までご案内し、商品をご説明して選びやすい環境づくりを実施して参ります。

外部の団体・個人の有意義な活動を支援協力する活動

「緑の募金」への参加

99年4月からスリーエフ全店にて「市民参加の森林づくり」を進めるための募金活動である「緑の募金」の募金箱を設置して、その活動の支援を行っています。

「緑の募金」は、「緑の羽根募金」が95年「緑の募金による森林整備等の推進に関する法律」の施行により生まれ変わったもので、社団法人国土緑化推進機構が活動を推進しています。

この募金は、学識経験者等で構成される緑の募金運営協議会で審議し、国内はもとより、世界各地で緑の造成などのさまざまな森林づくりに、大切に活用されています。

  • 森林の整備
    水源地域での植林、下刈、間伐等の森林作業、上流と下流とが連携して行なう森林作業及び技能研修など。
  • 緑化の推進
    居住地域での緑化、青少年の緑化活動、植樹祭、緑化セミナー等緑化に関する普及啓発活動など。
  • 緑の国際協力
    熱帯林の再生や砂漠化防止等のための植林、公園、学校の植林、苗畑の整備や育苗など。

その他募金活動の主旨に賛同し募金箱設置の場所を提供

期間や地域を限定して以下の募金活動を店舗で実施しています。

赤十字募金日本赤十字社の募金活動です。スリーエフでは大災害での募金活動でもその役割を果たしています。
ともしび募金財団法人かながわともしび財団の基金にむけた募金で、その利子によりともしび運動や明るい長寿社会づくりの普及、啓発、ボランティア活動などの支援、障害者や高齢者の社会参加活動の支援、企業の社会貢献活動の促進を行っています。

地球環境など公益的な活動

かけがえのない地球環境の保護、そのために今なすべきことは何か....。
環境意識の高まりに応えることが、21世紀に残る企業へのパスポートの1つと考え、当社は99年3月に環境対策室を発足させ、本格的な取組みを開始いたしました。

たとえば、店舗から出しているガラス、缶、ダンボールなどは、リサイクルとしてほぼ100%の割合で再利用されているなど、「地球にやさしいコンビニエンス」を目指した取り組みのいくつかをご紹介致しましょう。

サイトマップ